JAむなかたについてJAむなかたについて

JAむなかたの自己改革

JAむなかたがおこなう、自己改革へ向けての取り組み

JAむなかたの自己改革

「ゆめ宗像」とは

かねてより遊休農地を利用し、農業経営課によって試験栽培を行なってきた酒米「夢一献」。
宗像市や地元酒蔵と連携し、平成29年度「ゆめ宗像」は6次化商品として販売されました

「ゆめ宗像」の目的

オール宗像で取り組んだ「ゆめ宗像」は、地域内の消費拡大だけではなく生産者の所得向上に向けた将来に渡る生産と、供給体制の確立を目指しています。
将来的には遊休農地に作付けを行なう事で、地域農業の活性化を図ります。

JAむなかたMOVIE【オール宗像の夢を乗せた「ゆめ宗像」】

Copyright ©2015 JAむなかた All Rights Reserved.

  • 一般財団法人むなかたちいき農業活性化機構
  • 道の駅むなかた
  • JAネットバンク法人
  • JAネットバンク

このページのトップへ