前のページに戻る

JAむなかたについてJAむなかたについて

JAむなかたの自己改革

JAむなかたがおこなう、自己改革へ向けての取り組み

JAむなかたの自己改革

自己改革への取り組み

 現在、農業を取り巻く情勢は、輸入農産物の攻勢や国内産地においても品質などの競争が激しく、予断を許されない状況にあります。JAむなかた管内において、生産者の平均年齢は65歳を超えており、主要生産部会の部会員も一部の部会を除き減少傾向にあります。それに伴い、販売品販売高も比例して減少。また、耕作できない農地の増加など、地域農業の未来にむけて維持・発展させていくには、まったなしの状況にあると言えます。

 さらに、昨今の農業・農協改革では、組合員の所得増大が求められております。むなかた地域の農業を振興することにより組合員の所得増大を始め、この豊かな田園風景を守っていきます。組合員の所得増大にむけて収益を上げること。そして、経営費を削減することが必要です。収益を上げるためには、作付面積を拡大し、単価や収量を上げること。経営費を削減するためには、資材を安く済ませることなどが不可欠です。
これらの期待や要望に、ひとつひとつお応えするため、JAは様々な取り組みをおこなっています。

JAむなかたMOVIE【JAむなかたが取り組む自己改革「JUST DO IT」】

Copyright ©2015 JAむなかた All Rights Reserved.

  • 一般財団法人むなかたちいき農業活性化機構
  • 道の駅むなかた
  • JAネットバンク法人
  • JAネットバンク

このページのトップへ